AVレビューです。

ギャーギャー泣きわめく輪姦、強姦物のAVに興味のない私です。

再三書きますが、強姦は卑劣な行為で実際に行われている場面に遭遇したら間違いなく全力で救助します。
AVというフィクションの中だからこそ存在していいのですし、だからこそ悲惨さを表現しなければなりません。

乱暴に扱われて 女優が可哀そうな レイプAVビデオ
顔を踏み付けられて犯されるレイプAVビデオ 女優が可哀そうなAV

市川まさみさんが容赦なく雑に乱暴に扱われて犯されていきます、
本当に意識の高い体当たり女優さんだと感心させられます。

乱暴に髪を鷲掴みにされて、踏み付けられて、本当に乱暴で優しさなど全く感じられないシーンの連続です(男優さん鬼畜です)

リアルすぎて傷だらけ レイプAV 女優が可哀そう

見えますでしょうか?ハードなレイプシーンの撮影で右肩が赤く痣になっています、身体中が赤い傷になってしまっているシーンが随所に見られます。

顔を踏み付けられながら犯されるレイプAVビデオ
乱暴に扱われるAV女優が可哀そう
こちらに画像を大量追加しました。ご覧ください。
画像はすべて
W集団レイプに遭った市川まさみと桃乃木かな(本人達)

正直言って私的には1時間10分過ぎまではほとんどいらないシーン、特に59分過ぎまでは要らないですが、私の好みが特殊なのでやむを得ないでしょう。

その後は私の好むシーンのてんこ盛りです。
顔を踏み付けられる屈辱のレイプ
髪の毛を鷲掴みにして引っ張られながら犯される、
顔を下げると髪の毛を引っ張られて上げさせられる、
乱暴に投げるように男の好みの姿勢にされて犯される、
抵抗する気力も失い涙してただ犯される、
もちろん笑顔もなく、悲しく被虐の表情で、喘ぐことも我慢します。
(個人の感想ですけど桃乃木かなさんとの意識の違いが鮮明です)



ⒸWF愛と意思と忠誠とSM 
削除依頼、著作権侵害がございましたらご連絡ください